ボーディングスクールで国際的リーダーを育成する

 

海陽学園は全国から生徒が集まる日本で数少ない全寮制のボーディングスクールです。国際社会でも活躍できるリーダーを育成することが大きな目的の一つになっており、その一環として帰国生の受け入れも積極的に行っています。保護者が海外に在住している在校生も多く、一定以上の年数を海外で過ごした帰国生は現在約50名在籍しています。全員寮のため、通学生はいません。24時間、仲間と一緒に過ごします。もちろんハウスマスターやフロアマスターも一緒にハウスで生活しますし、多くの教職員が敷地内の教職員住宅に住んでおり、自由時間や夜間に一緒に過ごすことができます。同じ釜の飯を食べた仲間と深い友情が芽生え、一生の友人ができることでしょう。また、規則正しい生活習慣を身につけられることもボーディングスクールのよいところです。ハウスで生活していく中での生徒主体の自治活動も盛んで、リーダーシップを身につける機会と位置付けています。教職員の中には帰国生(米国、南米、ニュージーランド)、海外留学(大学・大学院)・勤務経験者、オーストラリアの(現地校)ボーディングスクール勤務経験者など、豊富な海外経験を持つスタッフが17名おり、国際センターで帰国生を学習面から生活面まで幅広くサポートしています。幅広い国際経験を持つ生徒や教職員がいるので帰国生にとっては受け入れられやすい環境です。

海陽学園にご興味を持ってていただきたい方
     日本人としてのアイデンティティを大切にしつつ、国際感覚を維持・発展させたい生徒及び保護者
 語学はある程度出来ても、アイデンティティ(価値観や文化観)の拠り所がなく、
   国際社会で活躍できずにいる方が多くなっていると指摘されています。
   海陽学園では日本人としての良さを確り身に付けた上で、柔軟に多様な国際的価値観に対応し、
   ツールとしての語学も駆使できる国際的リーダーを育成します。
     仲間との共同生活を通して社会性、コミュニケーション能力を発展させたい生徒及び保護者
     全国から集まる多様な生徒、社会人経験の豊富な教職員が多い学園で、実社会の経験や考え方を聞き、ディスカッションする中で人間の幅を広め、リーダーシップを磨きたい生徒及び保護者
     今後、海外赴任、転勤等の可能性があり、転勤に振り回されずご子息を安定した教育環境に置きたい皆様にボーディングスクールは良い選択肢になる可能性があると考えます。
  

【問い合わせ】

電話:0533582406 国際センターの先生をお呼び出しください。 

WEB: http://www.kaiyo.ac.jp/entrance/index.html

入学試験関連ウェブサイト登録:学園からの各種案内をさせていただいたり、学園の行事に参加する際に登録が必要となります。ご登録いただけますよう、お願いします。

 

写真は米国高校生との交流イベントの一こまです。