国際センタートピックス - 第11回海陽鷗友プロジェクト(KOP11)

第11回海陽鷗友プロジェクト(KOP11)

カテゴリ : 
国際教育・ソサエティ活動
2017-12-28 1:01

122526日の2日間、東京・世田谷の女子校鷗友学園との交流プロジェクトKOP11が、鷗友学園に於いて2日間開催されました。本プロジェクトは韓国ハナ高校国際シンポジウムに共に生徒を派遣したことを機に始まり、今回で第11回を迎えました。4,5年生の生徒たちがアイスブレーク、小交流会、ディスカッション/プレゼンテーションを、男女混成の6~8名のチームで行いました。

 

海陽からは20名の生徒が参加しました。

 

 

今回のアイスブレークは、「偏愛シートに基づく自己紹介」、「自撮り大会」、「インスタ映えする写真を撮れるのはどのチームか?」、「折り紙で理想のクリスマスを表現しよう!」という盛りだくさんの4本立てでした。いずれも生徒が考えたアイスブレークで、真面目な議論を行う前の良い雰囲気づくりになりました。

 

自分が好きなものを紹介し合ってします。学園ではなかなか見ない表情ですね

 

インスタ映えゲームでは青春の一枚を撮ることができました。

 

さて、本題のプレゼンテーションについて、今回は「地方活性化」をテーマに北海道、青森県、福島県、山梨県、岐阜県、島根県の6つの道・県について考えました。2日間かけて発表の準備を進め、2日目に発表を行いました。各チーム、発表時間と質疑応答それぞれ6分という限られた時間の中で地方の特色を生かした再建方法を論理的に説明できました。

 

最後に両校の参加生徒で集合写真を撮りました。皆さんの笑顔がプロジェクトの成功を物語っています!

 

下は運営委員の生徒たちです。9月の海陽祭明けから連絡を取り合い、準備を進めてくれました。

 

夏・冬開催が定例化しつつあるKOP、次回は夏休みに海陽での開催となると思います。私は今回初めての引率でしたが、回を重ねるごとに交流会、発表の質が高まっていると伺いました。次回も益々の内容の進化を期待したいと思います。

 

(国際センター 原)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://ic.kaiyo.info/modules/d3blog/tb.php/392
ブログ カレンダー
« « 2018 1月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3